四日市で矯正歯科・インビザラインなら歯科診療所ひまわり

大人の矯正

大人の矯正について

大人の矯正の特徴

大人の矯正について

大人の方の矯正は、成長という要素がないため、治療計画を描きやすいと言えます。逆に、成長がないため、歯を並べる場所がなければ、間引きする、つまり抜歯するしか方法がありません。

ただし、歯が傾いている場合は、抜歯せず歯を起こすことで歯を並べる場所ができることもあり、事前の診査診断がとても大切です。

歯に固定させていただく器具(ブラケット)は透明に近く、通すワイヤーも白くコーティングされているものを使うことが多いです(金属色のものを使うこともあります)。
虫歯の治療個所や被せ物が多いとブラケットを装着することが困難な場合もあるのが注意点です。

大人になっても気になる歯並びは
治せるか

歯並びを治すのに年齢制限はありません。ただし、治らないものもありますし、希望通りにはならないこともあります。

人間の体は、模型ではありませんのでそう都合よく動いてはくれません。治療することにより、全体が変化しますので、見た目は改善したけど、一時的に噛みにくくなりかえってそちらがストレスに感じる方もいらっしゃいます。簡単にすぐに治せるわけではありませんので、しっかりと検討してください。

利用する矯正装置の種類

大人の方でも床矯正装置による治療や透明のマウスピース矯正治療も対応しておりますが、取り外しがかえって面倒だからとブラケット矯正を選択されるケースが多いです。

また、歯の裏側にワイヤーをつける舌側矯正という方法もありますが、当院では採用しておりません。なるべくシンプルな方法で、治療のしやすさ・手入れのしやすさを考えています。

歯並びが悪いことで
起きるトラブル

虫歯や歯周病

歯並びが悪いと、歯ブラシの毛先が届きにくく、磨き残しができやすくなります。
そのため、虫歯や歯肉炎(歯ぐきの炎症。歯ぐきが赤く腫れて、歯磨きのとき血が出たりします)になりやすいです。
食べものがよく噛めないと、唾液の分泌量が減り口の中の汚れがどんどんたまり、歯の病気だけではなく、口臭の原因にもなります。

顎関節症のリスク

口を開けたとき耳のそばでカクカク音がしたり、口が大きく開かないなど。これが子どもや女性に増えている顎関節症の症状です。
悪い姿勢や精神的なストレス、歯ぎしりなど色々な原因がありますが、歯並びの悪さから起こる場合もあります。

消化が悪くなる

咬み合わせがよくないと、しっかりと噛めないだけでなく、唾液の量が減って消化されないまま飲み込むことになります。
消化されないまま食事をしていると胃腸などの消化器官への負担が大きくなることにも繋がり、消化吸収されないということは子どもの成長を著しく阻害する原因にもなります。

発音がしにくい

症状によってはサ行やタ行の発音がハッキリしなくなることがあります。特に外国語の発音に困ることが考えられます。今後はますますグローバル社会が加速化されます。
そんな中で外国語の発音に困ってしまうと、お子様も外国語を学ぶことに対して前向きになれないかもしれません。

肩こりや頭痛の原因

噛み合わせが悪いと、なんとかうまく噛もうとして、あごが不自然な動きをするので、あごや筋肉にムリな力がかかってしまい、そのため頭痛や肩こりなどが起こることがあります。

精神的なストレスに

歯並びが気になって人前で笑うことができない、うまく発音できないので会話が嫌になったり、人と会うのが億劫になるなど精神的なストレスに繋がります。

こんな歯並びは要注意!

  1. 出っ歯 見た目から気にされる方は多いです。噛み合わせが合わないために口呼吸となり、口の中が乾燥します。乾燥は虫歯菌の蔓延に繋がります。 出っ歯(上顎前突)
  2. 受け口 いわゆる「しゃくれ」状態です。前歯でものを噛み切ることができないために消化器官への負担過多、発音不良、顎関節症などへ繋がります。 受け口(下顎前突)
  3. すきっ歯 隙間にものがつまることで虫歯の原因となったり、サ行やタ行の発音がしづらくなったりしますので英語の発音を気にされる方もいらっしゃいます。 すきっ歯
  4. でこぼこ でこぼこに生えていると歯磨きをしてもどうしても磨き残しが出て、虫歯や歯周病の原因となります。八重歯も叢生になります。 でこぼこ(叢生)
  5. 開咬 奥歯はしっかり噛み合わさっているのに前歯は開いている状態です。発音不良や口の乾燥からくる虫歯などの問題があります。 開咬
  6. 交叉咬合 噛みにくいのはもちろん、顔が歪んだり、顎関節症へ繋がります。 成人してからの矯正は外科手術を伴うこともあります。 交叉咬合

矯正治療の流れ

  1. 初診時矯正相談 お口の中を拝見して、歯並びの状態とその矯正治療について1時間程度ご説明いたします。 初診時矯正相談
  2. 矯正治療を開始/検査 歯並びの状態、虫歯、歯周病、顎の関節や筋肉の状態について細かに診察し、その後歯型をとり、歯並びのレントゲン写真を撮影します。
    検査結果を踏まえた上で、年間400件を越える豊富な治療実績から、患者様にとってベストな矯正プランをご提案します。 矯正治療を開始/検査
  3. 歯型を技工所に送り、矯正装置を製作 検査結果から、「床矯正での治療」がベストと判断された場合、撮らせていただいた歯型は技工所(東京)に送られ、床矯正研究会の主幹である鈴木説矢先生にも確認していただき装置を製作します。
    床矯正研究会技工所は、高い技術を持ち、当院が信頼するメディカルパートナーです。
    ※矯正装置の完成までには、1ヶ月ほどお時間をいただきます。 歯型を技工所に送り、矯正装置を製作
  4. 矯正装置の装着 矯正装置が完成したら、再度ご来院いただき、いよいよ装着となります。この日から治療開始が本格的にスタートします。
    装置の取り外しの練習や取り扱いについて詳しく説明し、注意文書もお渡しします。 矯正装置の装着
  5. 矯正装置の調節・メンテナンス 1ヶ月後に装着状況と進み具合の確認をします。また必要によって矯正装置を調節します。その後は、治療の進み具合によって、1ヶ月から3ヶ月位の間隔で来院していただきます。 矯正装置の調節・メンテナンス
  6. ブラッシング指導 矯正治療の最中は、虫歯になりにくい歯を作っていく事が大切です。そのために、定期的なチェックと正しい歯磨きの仕方などをお伝えしていきます。 ブラッシング指導